症例

受け口・歯並びの治療

歯並びがお悩みの患者様です。

術前

受け口ぎみで全体的にガタガタし、歯列から歯が飛び出したり引っ込んで生えたりして、でこぼこになっている歯並びが目立ちます。

 

見た目が気になることはもちろんですが、歯磨きがしにくいために虫歯や歯周病になりやすいなど、歯の機能や健康にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

 

歯並びが悪いことで起こる問題

・虫歯や歯周病になりやすくなる

でこぼこしているため、きれいにブラッシングできたと思っても磨き残しが生じやすいです。

汚れが残っていると、そこに虫歯菌が繁殖し、虫歯・歯周病になるリスクが高まります。

 

・歯がダメージを受けやすい

上下に噛み合わない歯がある場合、特定の歯だけが強く噛み合ったりしていると、一部の歯にだけ常に大きな力がかかってしまいます。

歯が磨り減ったり欠けたりするリスクが高くなります。

 

・顎関節症になるリスクが高まる

噛み合わせの悪さは顎にも負担となり、顎関節症になるリスクも高くなってしまいます

 

術後

 

治療期間の短縮、歯の形や色も含めた治療、矯正器具への抵抗等などありましたので、オールセラミッククラウンで治療いたしました。

 

歯並びや咬み合わせを改善させることで、見た目がよくなるのはもちろん、さまざまなメリットがありますね(^^♪