症例

神経の死んだ歯の変色

歯が死ぬこと(=失活歯)で起こる変色

神経が死ぬ原因は、虫歯の細菌感染か、または外傷(ぶつけた、歯がおれた、など)です。
失活歯は、歯に栄養が行かなくなるため、黒っぽく(暗く)なってしまいます。
虫歯の治療で神経を取った場合にも、同様に歯の変色が生じます。

 

 

またホワイトニングでは十分に効果が出ないこともあります。

当院ではラミネートベニアとセラミッククラウンで白くすることができます。

 

前突ぎみだった上の前歯も中に入れ、綺麗な歯並びと透明感のある歯になりました。